セフレも捨てたものでは無い

私がとても幼かった頃はセックスについての印象度もあまりなかった様な気がしています。
例えばセックスをするのはそこに愛があるからだと思っていました。
それが当然の事と思っていました。

またセックスをするのは楽しむ為と思う事もありませんでしたので、男性とのお付き合いもそんなになかったのかもしれませんね。

けれども最近はセックスがとても大切なもの言う意識が希薄してきているのではないかと思う様になってきました。

その様な事はインターネットが絡んでいるのかどうかは分かりませんが、何もこのインターネットのみでなく、例えば雑誌やテレビ等によってセフレを報じる事が多くなってきていますのでそれも要因かもしれませんね。

私にしてみたらそう言う事を当然の様に思うのはあまり好きではありません。
それを事実として受け入れる事が出来なかったのです。
それは私がまた感情的にもとても幼かったからかもしれませんね。

しかし年齢を重ねる度にその様な考えも段々と変わっていきしまた。
年齢のみでなく男性とのお付き合いも増えていったからかもしれませんね。

現在では以前では考えられなかった様な方ともお付き合いをする事があります。
またセフレの関係になる事もよくあります。

鹿児島県 セックスフレンドがいない時には少し寂しさを感じる時もあります。
またその様な時にいつも特定の相手がいる訳でもありません。

例えば本命の方と破局した時はそれこそ傍に誰かにいて貰いたいと思う時もあります。
そう言う時はセフレの相手でもいいので近くにいてくれるととても嬉しくなる事もあります。

本命を探している時に傍にいてくれる事はありませんが、また即獲得出来る相手でもありません。
けれどもセフレであればそんなに感情的になる必要もありません。

その相手は即ゲットする事も出来ます。
またゲットした後はその関係を継続して行く事も可能になってきます。
このセフレの関係には恋愛感情もありませんので気楽な関係になってくるのかもしれませんね。
それがまたいいのでしょう。